最新の不動産情報

『今』、在宅勤務の強い要請、奨励があります。

住宅特需がおきています。 『今』ですと、いわゆる相場よりも、高価格で売却できます。来年、再来年は少子高齢化・空室率・急増などにより、市場は冷え込みます。

 

都心の空室率増価・賃料低下が止まりません。この少子高齢化の波の中、この流れは、次に住宅地になります。将来(相続税支払いの為など)売却する予定お土地は『今』ご売却をお勧めします。5年後10年後に貴方様は「あの時売却してよかった」と思われる、と弊社は確信いたします。『今』、在宅勤務の強い奨励があr、住宅特需です。『今』ですと、より高価格で成約できます。お任せ下さい。

 

2033年空き家率は30.2%、空家数は約2150万戸に!総住宅数、空家数および空き家率の実績と予測結果

2033年空家率
少子高齢化

日本は、人口に占める高齢者の割合が増加する「高齢化」と、出生率の低下により若年者人口が減少する「少子化」が同時に進行する少子高齢化社会となっています。

約40年後までに、65歳以上人口は、ほぼ横ばいで推移する一方で、20歳~64歳人口は、大幅に減少し、高齢化率は約10%程度上昇することが見込まれています。